スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ボディデトクサーのより効果のある使い方 1
    0


      ボディデトクサーでよりよい効果を得る使用方法を

      順番に見ていきます。






      ※ウオーキングの前に実施してください

      ※筋肉を柔らかくし、運動機能を高める効果があります。




      足首からふくらはぎ

      ふくらはぎは歩くときに最もよく筋肉が使われます。

      その時に十分にほぐしていないと、なかなか良い効果は得られません。

      足首からふくらはぎにかけて、ボディデトクサーを充分に塗布しましょう。

      まずは片方の手で足を掴みます。

      手の指を足の指の間に入れて掴む感じですね。

      もう片方の手でくるぶしの下を掴んで、足首を左右10回づつ回しましょう。

      ふくらはぎはしっかり揉むようにしながら、下から上へじませましょう。


      首・肩

      肩を下げて、頭が上に引っ張られる感じで歩くのが

      良いウオーキングの姿勢です。

      首や肩の筋肉をほぐしてないと猫背になったり、

      肩が不自然に上がったりします。

      耳の下から鎖骨にかけてリンパを流すイメージで、

      上から下へボディデトクサーをなじませます。

      肩は痛気持ちいいくらいの強さがベストですね。


      肩甲骨のまわり

      ウオーキングの良い悪いは、手の振り方によっても変わります。

      腕を脇にしっかり付け、まっすぐ後ろに引くと、

      肩甲骨まわりの筋肉が使われます。

      このとき、十分にほぐしていない状態だと、筋肉痛になるかもしれません。

      肩甲骨のまわりにボディデトクサーをたっぷり塗布してくださいね。

      翌日、びっくりするぐらい肩が軽く感じるはずです。


      二の腕


      二の腕の筋肉というのは、腕の振りに直接影響します。

      腕は前に振るよりも、後ろに引く動作の方が重要です。

      この時、しっかり二の腕が使われますので、

      ひじから肩の付け根の裏側ぐらいまでボディデトクサーを塗布してください。

      二の腕はマッサージするようなイメージがいいでしょう。


      以上の4点に気をつけて使ってみてください。

      ウオーキングの前に正しくディデトクサーを使うと、

      さらなる効果が得られます。


      もっと詳しく見てみたい方はこちら

      ↓ ↓ ↓

      元宝塚歌劇団所属 ビューティーインストラクター

      「貴月あゆむ」さんもオススメ!フォンス【ボディーデトクサー】










      posted by: bdetotuhan | 効果のある使い方 | 13:27 | - | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 13:27 | - | - | - | - |
        www.i2i.jp/fx/